TNN豊中報道。2

  • 雨もりでお困りの方へ/大島町にある塗装・防水リフォーム専門店「エース」について調べてきた/TNN読者限定特典つき♪【TNNコマーシャル劇場】

    きも@TNNきも@TNN2018年07月15日

    TNNスポンサーのイチオシ情報を紹介する「TNNコマーシャル劇場」。


    きも@TNNです。

    大島町にある塗装・防水リフォーム専門店「エース」さんが、TNNの新たなスポンサーに加わりました。
    IMG_0287
    ※徳ちゃん@TNNとショールームを訪問した様子を紹介します

    エースさんは第八中学校の中庭再生プロジェクトや北丘小学校のプールの壁のペイントなど、ボランティア活動にも積極的な会社です(TNNとはその取材を通して知り合いましたっ/八中の中庭完成編はこちら)。

    刀根山こころ保育園の建物の壁に描かれた、この“こころの木“も・・・
    10

    ※写真提供:エース

    エースさんがボランティアで提案やペンキの提供、見守りを行い、保育士さん主導で完成させたそうです。
    11

    ※エース代表の長谷川さん(左)と、刀根山こころ保育園の職員の方々写真提供:エース)

    本業の外壁塗装・防水リフォームの施工実績は、豊中市周辺で3,000件以上
    13

    ※見た目だけでなく、遮熱効果も高めたリフォームの施工例(写真提供:エース)

    耐久性・実用性にすぐれたアステックペイントの施工実績は、なんと全国で第3位、大阪で第1位(豊中の誇れる企業のひとつなのでは)!

    施工を担当したお客様に対する心配りを大事にし、リピーターが多いという強みを持っています。

    長谷川さんから「雨もり対策にも力を入れていて、一級建築士から頼まれることも多い」と聞き、台風が心配な時期に役立つ情報が得られるのでは、と思ったワタシたち。
    IMG_0357
    ※エースさんのショールームにて

    <雨もりをどんなふうに解決してくれるのか>について、具体的に教えてもらいました。

    ◆専門家による無料現場調査や散水調査が受けられる!

    ①まずは、電話またはメールで無料相談をして、現場調査に来てもらう日程を決めます(問い合わせ先はこちら)。
    profile.sheet
    ※問い合わせ後、郵送で担当者の人柄が伝わるプロフィールがシートが到着

    ②外壁劣化診断士が直接様子を確認してくれる無料現場調査。

    こだまちゃん@TNN
    「仮に『雨が降ると、ココから染みてきます』と言ったとしたら? えっ、その機械は何ですか!?」
    IMG_0157
    ※TNN事務所で現場調査の様子を再現してもらいました

    芦塚さん(外壁劣化診断士)
    赤外線カメラで撮影して調べます。雨もりしている箇所は温度が低いため、青く写るんですよ」
    1階天井赤外線
    ※実際の現場調査時、赤外線カメラの液晶モニター。丸で囲んだ青く表示された箇所から雨もりしていたそうです(写真提供:エース)

    雨の侵入ポイントを探るプランを立てて正しく施工するために、疑わしい箇所の撮影も行います。
    IMG_0164

    マンションの場合はベランダも、戸建ての場合は外から建物を徹底的にチェック。
    IMG_0174

    「雨もりするのは普通の雨のとき?」「それとも風も強いとき?」「降り出して何分くらいで染みてきますか?」と細かく質問をして、状況把握に努めると言います。
    IMG_0171

    このあとは、③現場の診断結果の報告、④プラン作成、⑤ご成約、⑥施工という流れ。

    雨もりの場合は、正確なプランを作成するために、《散水調査》も提案しているとのこと。

    散水調査では、実際に屋根やひさしに水をかけて、雨の侵入箇所をより正確に見極めるそうです。
    2
    ※写真提供:エース

    現地調査で疑いを持った10箇所程度に番号を振り、建物の下のほうから順に水をかけて一つひとつ丁寧に調べていくんだって(コレなら原因が判明しやすいですよね)。

    調査後は、どこから侵入した雨水が室内のどこに漏水しているかということなどを、図解や写真、赤外線カメラの結果などを交えた報告書にまとめて提出してくれます。
    散水・赤外線併用調査報告書
    ※報告書の一部(資料提供:エース)

    この間の打ち合わせはご自宅でも可能とのことですが、エースさんのことがもっと知りたいワタシと徳ちゃん@TNNは、エースさんの本社・ショールームを訪ねました。

    ◆ショールームで機能的な塗料を見せてもらった!

    庄内駅からは車で9分。神崎川公園近くのこのビル内に本社があり、1階がショールームに。
    IMG_0281

    地図ではこちら、無料駐車場4台完備。

     

    代表・長谷川さん
    「ようこそお越しくださいました! それでは、当社に来られたお客様にお話することをご紹介します」
    IMG_0295

    入って左側には、住宅好きのワタシにとっては興味がそそられるモノがズラリ!
    IMG_0302

    長谷川さんのススメでこの模型に手を入れてみる徳ちゃん@TNN。
    IMG_0308

    徳ちゃん@TNN
    「うわぁー! 右は快適なのに、左はジワジワ熱い(汗)」

    長谷川さん
    「右の屋根には遮熱機能が備わった塗料が使われていて、一般の塗料と比べて約マイナス2℃の差が出るんですよ」

    塗料にはそんな効果もあるのかぁ、と感心していたら、雨もり対策が気になる方にとっては聞き逃せない話題が!

    長谷川さん
    「模型の屋根に塗った塗料がコレです。アジアで一番伸縮性があると言われている・・・
    IMG_0315

    アステックペイントというもので、当社はこの塗料をメインで使用しています。遮熱機能に加えて防水機能にも大変すぐれています
    IMG_0317

    一般的な塗料の場合、外壁にヒビが入ると塗装にも影響が出てしまいますが、伸びるアステックペイントはヒビが入った壁を守り、雨水の侵入を防いでくれるというわけ(驚)。
    IMG_0319
    ※右下には一般的なシリコン塗料を、左下にはアステックペイントを塗装

    もちろん、壁面のヒビをきちんと補修することが大事なのですが、防水効果が高い塗装ならより安心ですよね。

    長谷川さん
    アステックペイントには、交通量が多く汚れが付着しやすい場所にオススメのシリーズもありますよ」
    IMG_0324
    ※右には一般的なシリコン塗料を、左にはアステックペイントを塗装。その上に排気ガスを付着させたら、左は拭くだけでキレイに落ちました

    ◆イメージしやすいカラーシミュレーションも!

    次に、長谷川さんは傾斜のない陸屋根の模型を見せてくれました。

    長谷川さん
    「陸屋根には夏に上がってくる水蒸気を上手に逃がす工法を採用し、上部は塗料で隙間なくガードします。
    IMG_0326

    屋根やベランダの排水溝から雨もりしている場合は、雨水をもらすことなく運べるよう、この改修用ドレンを取り付ける工事を行うんですよ」
    IMG_0332

    見えない部分の施工方法についてもわかるように説明してくれるので、素人のワタシでも「そういう工事だったら安心できる」と感じました〜。

     

     長谷川さん
    「カラーベストという屋根材の下はこういう構造になっているのですが・・・IMG_0358

    塗装時にはこのタスペーサーというものを挟み、屋根と屋根のあいだに隙間を作ることが重要です。
    IMG_0360

    この作業を省いてしまうと、雨水は屋根の上部に溜まり、屋根の下地が腐食して雨もりにつながってしまうんです」

    そうなんだ…、エースさんの雨もりの専門知識の豊富さには感心させられるばかりでした。

    ところで、ショールームでは建物のカラーシミュレーションもしてくれます。
    IMG_0343

    モニターに映し出された建物の壁が、一瞬でグリーンにチェンジ♪
    IMG_0347

    「実際には明るい色はより明るく、暗い色はより暗く見える」など、カラー選びのヒントももらえましたよ。

    ◆近隣への配慮も作業も丁寧で確実!

    工事着工日が決まってからの流れも紹介します。

     ①エースさんの担当者が近隣へご挨拶。
    IMG_0236

    工事中も現場に写真の看板を立ててくれます(近隣への心づかいが行き届いていますね)。
    S_8131505598711
    ※写真提供:エース(以下、施工中の写真はすべてエースより提供)

    ②仮設足場を設置し、塗料の飛散を防ぐために養生はしっかりと。5 (2)

    塗装の仕上がりをよくするために建物を高圧洗浄6 (2)

    ④ヒビ割れなどの補修やシーリングを施す下地調整を行います。
    7

    ⑤熟練の職人が丁寧に塗装し、細かなチェックをしたうえでお客様の了承が得られたら施工完了です。
    8

    取材を終えてTNNメンバーが実感した
    エースのココがスゴイ! ベスト3

    最後に、今回の取材を通してワタシが感じたエースさんの魅力を、勝手にランキング形式で紹介します。

    ベスト3 スタッフの方々が親身になってくれる☆
    ace-syugou20180702

    取材でスタッフのみなさんと接し、“相手の話を一生懸命聞いて役に立とうと努力する方が多い”と思いました。

    豊中市内で行うボランティア活動についてスタッフの方々に聞いてみると、「喜ぶ顔を見られるのが本当にうれしい 」「楽しいから進んでやっている」と。

    目をキラキラと輝かせて話してくれたのが印象的でしたよ。



    ベスト2 無料点検は10年目まで! アフターフォローが充実☆☆

    エースさんでは施工後1・3年目、続いて5・7年目、そして10年目まで無料点検を実施(最長15年の保証書付き)。

    事前に日時を決めたら、外壁劣化診断士の方が来てくれます。
    IMG_0195

    北嶋さん(外壁劣化診断士)
    「塗装のほかにも屋根やクロスなど、気になることがありましたら何でもおっしゃってください。ご相談に乗りますよ」
    IMG_0208

    定期点検時にも、雨もりの悩みがあがれば赤外線カメラで確認。
    IMG_0217

    施工前の現場調査も、施工後の無料点検も、建物や施工についての知識が豊富な方が診断してくれます(安心できるし、話が早いですよね)。

    ベスト1 リピーターがいっぱい! 仕上がりもスピードも満足度が高い☆☆☆

    代表の長谷川さん曰く「社員と専属パートナーが定期的に集まり、情報の共有や業務の振り返りをしている」とのこと。

    伸び伸びと働ける社風も好評で、結果として国家資格を持ったスタッフの方が増え、技術力がどんどん向上しているのだとか。
    12
    ※屋根漆喰、外壁防水塗装リフォームの施工例(写真提供:エース)

    また、長谷川さんは「お客様一人ひとりの声に耳を傾けながら対応することと、施工を担当したOBのお客様との長いお付き合いを大切にしています」とも話します。

    こういった会社の姿勢が、リピーターの獲得につながっているんだろうなぁ、と感じました。


    ※施工予約時に「『TNN 豊中報道。2を見た」と言えば、毎月先着5名様に1万5,000円分の商品券をプレゼント!

    素早い対応ができるようにと、商圏エリアは豊中市の本社から車で1時間以内が目安。

    適正価格でしっかり対応してくれるそうですので、雨もりに悩んでいる方、外壁や屋根の塗り替えを考えている方、専門会社のエースさんに問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

    header-logo

    ※エースのホームページはこちら

    ※お電話でお気軽にご相談ください。

    fd10120-25-1030
    (「にっこり とそう」と覚えてください!)

    ■住所
    豊中市大島町3-5-19
    (→地図はこちら) 

    ■電話対応時間
    9:00-18:00
    ※年中無休

    ■ホームページからのご相談はこちら

     

     

     

    ★★TNN豊中報道。2★★
    《スポンサー・広告主 大募集中!!》
    TNN豊中報道。2では、スポンサーおよび広告を出していただける企業・団体を募集しています。
    ご興味のある方はこちらをご覧のうえ、お気軽にお問い合わせください。

     

    一覧を見る

    TNNメンバー 自己紹介

    TNNメンバー自己紹介

     

    PVカウンター

    • 8235今日:
    • 10316昨日:
    • 30505290累計:

    Facebook