TNN豊中報道。2

「エピソード」×「体験」で違う自分に出会える??/文化芸術センターでやってる現代アートの特別展示「いしのこえ」で感性を磨いてみた

徳ちゃん@TNN 2021年08月22日

みなさんこんにちは、徳ちゃん@TNNです。

いやーもう毎日雨ばかりで、いろいろと疲れちゃいますよね。

ある雨の日、曽根東町にある文化芸術センターにやってきて

あ、地図ではこちらです。

ちょっとでも"非日常感"を満喫しようと、ステキな空間を提供してくださる「ORION COFFEE(オリオンコーヒー)」にひとりやってきたんですけど※ORION COFFEEのご紹介記事はこちら

ちょうど文化芸術センターで、こんなんやってるみたいなんですよ。

たぶんキレイな石が展示されているっぽいので、ならばこちらでも"非日常感"が味わえるかも!??と、フラッと寄ってみることに。

展示会場となっているのは、2階奥にある「和室」です。

入口で手を消毒して

いざ入室。

ほー・・・。

三角形の台に、石が並べられていますね。

奥には

ちょっと違う雰囲気のキレイな石が並んでますね。

にしても・・・これ、どうやって楽しんだらええんかな(汗)。

この展示を企画されたという、文化芸術センターの小田さんにお話を伺ってみました。※お部屋入口にいらっしゃいました

小田さん

「2021年から2022年にかけて『とよなかアーツプロジェクト』という現代アート事業をスタートするのですが、今回の企画展示はその一環なんです」※2021年はプレ・イヤーにあたるそうです

ーこちらの展示について教えてもらえますか?

小田さん

「茅ヶ崎市美術館で開催された企画展でアーティストのMATHRAXさんが制作したもので」

小田さん

「ネイティブ・アメリカンは石の声に耳を傾けていた"というエピソードから発想を得て、中学生とのコラボレーションを通じて、MATHRAXさんがアートの領域まで昇華した作品なんです」

今回展示されているものは、MATHRAXのお二人が実際に制作された作品なんだそう。

小田さん

「ぜひ、こうやって触ってみてください」
アムパチーノ
 

一覧を見る

しらすや

TNNメンバー 自己紹介


 

豊中市民の回覧板

カテゴリー