TNN豊中報道。2

  • 庄内西町に「モンパルナス」っていうピロシキとパンのお店がオープンしてる/尼崎で48年間も営業されていた老舗が庄内に移転!名物のピロシキとおすすめパンを持って帰って食べてみた

    うだこ@TNN 2021年05月06日

    先日、徳ちゃん@TNNができるみたいってお伝えしていた「モンパルナス」が、庄内西町にオープンしていました。

    地図ではこちら

    庄内駅の西口から出て

    少し北に歩いて、ローソンのある角を左へ曲がります。

    そのまま西へ少し歩いたところの、マンションの1階にありましたよ。

    フレンチシックなデザインのかわいいお店です♪ さっそくお邪魔してみたいと思います!

    お店の中はこんな感じ。

    中央の陳列台と

    左側の棚にもパンがたくさん。

    右手にはテーブル席の喫茶スペースと

    奥にはカウンター席も。

    そしてレジ横に、名物のピロシキ!

    おすすめをお聞きしてみたところ、定番のピロシキはもちろん※どちらも本体価格200円、テイクアウトは+8%、イートインは+10%(以下同じ)です。

    高菜をごま油で炒めて、辛子マヨネーズで仕上げてあるという「高菜サラダパン」や

    生クリームが入った「あん&ホイップ」

    「イチジクとクルミのヘルシーブレッド」なども人気だそうですよ。

    店内では喫茶もできるようになっていて

    ドリンクメニューと

    ピロシキとドリンクのお得なセットなども。※値段が切れていてすみません…。ピロシキセットは500円、焼きピロシキセットは530円(どちらも税込)です。

    社長の古角(こかど)さんに、お店についてお聞きしてみましたよ。

    もともと、古角さんの伯父さまが、ロシアのお菓子やパンを製造販売する「パルナス製菓」を創業され、この「ピロシキ」が誕生したんですって。※一時期関西に200店以上もお店があったそう。私は見たことがないのですが、CMも有名だったとか。

    その後、創業者の弟さん(古角さんのお父様)が、その流れを継ぐ「モンパルナス」という喫茶店を阪神尼崎駅の駅ナカに作られ、ピロシキも販売されていたそうなんですが

    コロナの影響で喫茶のお客さんが減ってしまい、今年の3月末で閉店し、この5月から庄内で移転オープンされることに。※阪神尼崎駅にあった「モンパルナス」。

    移転にあたっては、尼崎のお店にお勤めだった従業員8名の方全員が通えるということと、もともと「パルナス製菓」の本社工場が豊中の上津島にあったという縁もあり、庄内に決められたんですって。

    豊中にもゆかりのあるピロシキだったんですね!

    ということで、いくつか買って帰って、おうちでいただきたいと思います!

    BilingKids内覧会開催

    一覧を見る

    TNNメンバー 自己紹介


     

    豊中市民の回覧板

    カテゴリー