TNN豊中報道。2

  • 伊藤園の「お~いお茶」に載ってる新俳句大賞の佳作特別賞に豊中市の人が選ばれてたらしいのでお会いしてきた

    徳ちゃん@TNN徳ちゃん@TNN 2019年10月02日

    先日読者さんから、こんな情報をいただきましたよ。

    職場の同僚(豊中市民)が投稿した俳句が、伊藤園のお~いお茶に掲載されました。

    実物のお茶があるので見に来ませんか?

    BY 匿名希望のYTさん

    「お~いお茶」の俳句って・・・

    おー、この新俳句大賞ってやつかぁ。※コンビニで買ってみました

    これに選ばれるのってなんとなくスゴそうだけど、どれぐらいスゴいことなんでしょうかね。

    面白そうなお話が聞けそうなので、会いに行ってみることにしましたよ。

    待ち合わせ場所になったのは昼休みの豊中市役所第一庁舎・・・。

    情報を提供してくださったのは豊中市の職員、山口さんでした。

    山口さん

    「いやいや、どうもわざわざすみません」

    そしてこちらが俳句を投稿された山口さんの同僚、荒井さんです。

    荒井さん

    「そ、そんなに大したことじゃないですけど・・・」

    あーこれですね!※ゴメンナサイ、ピントが合ってませんでした

    ホンマや!豊中市の荒井さんが見事に選ばれてる!

    ーこれってどれぐらいの確率っていうか

    荒井さん

    「第30回の新俳句大賞は199万句応募があったそうで、その中で2000作品が選ばれたそうです」伊藤園 お~いお茶 新俳句大賞ウェブサイトより引用

    えーっと・・・ってことは1000句に1句ぐらいってことか、でも良質な作品でないと選ばれるものじゃないですからね。

    ーちなみにこの「初写真 生まれた順に 整列し」を解説していただけませんか(汗)??伊藤園 お~いお茶新俳句大賞ウェブサイトより引用

    荒井さん

    「”初写真”というのがお正月の季語なんです。その年に初めて撮影する写真という意味なんですけど」

    ーあーっ、わかった!お正月に親戚一同集まって、小さい子どもから順番に整列して家族写真を撮影している風景が浮かんできましたよ!

    荒井さん

    「そうなんです、あと実は今回が初めてじゃなくて2回目なんです」

    なんと荒井さん、学生時代にも伊藤園の新俳句大賞に選ばれたことがあるんだそう、豊中市を代表する俳人ですやん!!※新聞や雑誌などにも俳句が掲載されたこともあるんやって、スゴい!

    荒井さん

    「そんなことはないんです、俳句ってお金がかからない趣味なので始めやすかったんですよ、今でも一日一句を目標に考えています」

    いまや荒井さんのご家族までが毎日俳句を考えるようになったんだとか(汗)。

    ーあのー、ちなみにこのお茶って伊藤園からもらえたりするんですか??

    荒井さん

    「24本入りで1ケースもらいました」

    24本かぁ、入賞者2000人に送っていることを思うと伊藤園もなかなか太っ腹ですね。

    最後に荒井さんに新俳句大賞に選ばれるコツについてお伺いしてみました。

    荒井さん

    「似た俳句が多いらしいんです、なので斬新な季語やシチュエーションを俳句に織り交ぜるといいかもしれません」

    荒井さん曰く、季語は歳時記という本でチェックできるそうで、荒井さんの場合は毎日持ち歩いているんだそうですよ。

    第31回の新俳句大賞の応募受付は11月3日から、ウェブサイトでも投稿可能らしいので「私もやってみようかなぁ」という人は、今から作品をストックしてみてはいかがでしょうか。

    荒井さん、山口さん、素敵な情報とお話ありがとうございました!

    ■■豊中情報の投稿はこちらから■■

    《お店開店閉店やおもしろスポットなど》

    ■■TNNへの調査依頼はこちらから■■

    《謎のお店や不思議な看板など》

    ■■豊中グルメの投稿はこちらから■■

    《オススメのお店や買い食いスポットなど》

    ■■PR・告知の投稿はこちらから■■

    《イベント紹介やメンバー募集の告知など》

    ■■TNNスポンサーのお問い合わせ■■

    《記事広告やバナー広告の掲出など》

    豊中のお店によるワークショップの祭典。豊中まちゼミ
    プログラボ

    一覧を見る

    TNNメンバー 自己紹介


     

    PVカウンター

    • 10655今日:
    • 13233昨日:
    • 31705828累計: