TNN豊中報道。2

  • 三和町にある「駄菓子カフェ ヒカリ珈琲」でこどもの頃の記憶がフラッシュバックしながら駄菓子を吟味してきた/いろんな世代の人がそれぞれの時間帯で楽しめちゃうとーってもステキなお店

    徳ちゃん@TNN徳ちゃん@TNN2019年07月04日

    先日、所用で庄内公民館に来たんですけどね。

    あ、地図ではこちらです。

    ふと公民館の向かい側を見てみたら・・・

    「駄菓子」のノボリを発見!※むか(し)懐か(し)駄菓(し)ってジョイマン並に韻を踏んでるやん(汗)

    「駄菓子の箱買い大歓迎 !!」だって!

    でもここってカフェなんですけど・・・

    中はどんな感じなっているんでしょうかね。

    気になるので、ヒカリ珈琲にお邪魔してみましたよ。

    おわっっ!

    想像以上に駄菓子が鎮座!

    カウンター席の奥には

    ゆったりカフェスペース。

    これはまさしく駄菓子屋さんとカフェのコラボレーション!

    駄菓子をじっくり見たいところですが、まずはお店の方にお話を伺ってみましょう。※オーナーの表西(おもにし)さん(右)と店長の坂内さん

    表西さん

    「ちょうど良い時間帯(15時すぎ)に来られましたね」

    ーえ、どういうことですか??

    表西さん

    「あと30~40分もすれば、子どもたちでいっぱいになってしまうので(笑)」

    ーいやー、これはそうなりますよね!

    つい最近カキ氷をスタートされたということなので

    カキ氷のド定番、ブルーハワイをいただきながら※かき氷大300円(税込)/甘さに深みを感じるシロップは本格的な一品を使用されているんだとか

    お話を伺ってみることに・・・。

    ーなぜ駄菓子を置かれるようになったんですか?

    表西さん

    「2017年7月に以前あったコーヒー店を私が引き継いだんですよ」

    表西さん

    「コーヒーを主に出していたので、お客さまから『口さみしいなぁ』というお声をいただきまして。だいたい1年後(2018年7月)ぐらいだったでしょうか、駄菓子を置いてみたんです」

    表西さん

    「そしたら子どもたちがわんさか集まってきたので、駄菓子のラインナップもどんどん増えていったんですよ」

    すぐに近所の小学生の間で有名になり、いつしか子どもたちが集まってお店で宿題をするようになったんだとか。

    表西さん

    「学校の先生もお店に来てくださってね、それから子どもたちの親御さんもよく来てくださるんですよ。ここを貸し切りにして、子どもたちでパーティーもやってくれたんです※」※貸し切りパーティーはお店と相談してみてください

    ーってことは、最初から狙ってやったわけじゃなかったんですね

    表西さん

    「予期しなかったことだったんですけど、学校や家にはない”良い居場所”が作れているのかなと思っています」※子ども向けにオトクなセットも(笑)

    “居場所”か、なるほどなー。

    ってことで、私も駄菓子を吟味してみることに。

    まずは”キングオブ駄菓子”の名を恣(ほしいまま)にする「うまい棒」を。

    私が子どもの頃(30~25年くらい前)は、ほんのり甘いコンポタ味が好きやったなぁ。※最近は”レモン味”なんてのもあるのね

    あっ、サラダ味!これめっちゃ好きなヤツおったわ。

    いっつもサラダ味しか買わへんかったあいつは、いまどうしてるんやろか・・・。

    人参!令和の時代にも生き残っていたのか。※下の先っぽを破って、口に落として食べてたような気がする

    指輪のキャンディもあったなぁ、お祭りの射的の景品でもらったっけ。※今思えばめっちゃ味わいにくいんですけどね(笑)

    と、すっかり忘れていた昔の記憶が強制フラッシュバックしながら駄菓子を買ってみました。※全部で180円でした

    あ、これは??

    坂内さん

    「10円ガムですね、赤・黃・青色のガムが出たらお菓子がもらえるシステムです」

    ーでやぁーっ!!

    表西さん・坂内さん

    「あーーッッ!!」

    ーよーっしゃー!30円分のお菓子ゲット!!

    坂内さん

    「子どもたちの夢をひとつ奪ってしまいましたね(笑)」

    ーし、しまったー(汗)

    とまぁ、たった200円くらいで、こんなにお騒ぎできちゃう駄菓子の魔力ってホンマにすごい。

    表西さん

    「子どもたちが集まる夕方までの間は、ご近所でゲートボールをされているシニアのお客さまにご利用いただいております」

    表西さん

    「それとお昼は向かい側にある図書館や公民館の職員さんにも利用してもらっているんですよ」

    土日は、お子さんと一緒に駄菓子を買いに来るパパやママも多いそう。※「コーヒーの質は落としていません」と表西さん

    いろんな世代の方がそれぞれの時間帯で楽しめる「駄菓子カフェ」、ご近所さんをつなげる役割もあるんじゃないのかなぁと思いました。

    表西さん、坂内さん、突然お伺いしたにもかかわらず、とっても楽しくご対応くださいましてありがとうございました!

    店舗データ(2019年7月4日時点での情報です)
    お店の名前 駄菓子カフェ ヒカリ珈琲
    住所 三和町1-3-15
    営業時間 11:00-18:00ぐらい
    定休日 不定休
    喫煙 全席禁煙

     

    ■■豊中情報の投稿はこちらから■■

    《お店開店閉店やおもしろスポットなど》

    ■■TNNへの調査依頼はこちらから■■

    《謎のお店や不思議な看板など》

    ■■豊中グルメの投稿はこちらから■■

    《オススメのお店や買い食いスポットなど》

    ■■PR・告知の投稿はこちらから■■

    《イベント紹介やメンバー募集の告知など》

    ■■TNNスポンサーのお問い合わせ■■

    《記事広告やバナー広告の掲出など》

    一覧を見る

    TNNメンバー 自己紹介

    TNNメンバー自己紹介

     

    PVカウンター

    • 6119今日:
    • 11147昨日:
    • 30482421累計:

    Facebook