• とよ婚
  • JPM
  • FUKUCHAN

TNN豊中報道。2


イルミネーション
  • とよ婚
  • 豊中駅チカの本町1丁目に「鰻の成瀬 豊中店」っていうお店ができてる/関東風の”ふっくら蒸し”と関西風の”香ばしさ”がベストマッチ!めっちゃ大きい鰻をお腹いっぱい食べてきた

    アバター画像ヤマグチ@TNN 2023年12月11日

    本町1丁目に「鰻の成瀬 豊中店」ができていました。

    地図ではこちら。

    豊中駅南側の交差点から

    ローソンの手前を176号線側に入った

    「YAKIGASHIYA Lucca」「ぶらり」と「a.Nook」の間です。

    お店ができる前にも話題にしたんですが「鰻の成瀬」は全国で50店舗ほどフランチャイズ展開しているお店で

    豊中市内では初出店となります。※オープン日は少し伸びて12月9日でした

    「高級食材」のイメージが強い鰻をリーズナブルにいただけるお店だそうですが「蒸さずに焼く関西風」と「白焼きを蒸してから焼く関東風」どっちの調理方法で提供されてるんでしょうかね。

    わたくしヤマグチ@TNN、鰻が大好きなので楽しみです♪それではお邪魔しま~す。

    店内はこんな感じ。”鰻の寝床”のように細長い店内は、左手に3席のカウンター席と

    右手にレジと2席のカウンター席がありました。

    あれ?店内奥は調理場っぽい?事前情報では22席と書いてあったんですが…?

    店員さんに聞いたところ「お店は1階のみなんですよ」とのお返事が。豊中店はテイクアウトを中心に展開される予定だそうで、座席数が少ないんだって。※座席数が少ない為、店内飲食の予約は受けていらっしゃらなそうです/テイクアウトの予約は可能

    とはいえ、もちろんお店の中でもいただけますので、席に座ってメニューをチェックしてみましょう。

    メニューは松竹梅の3種類とドリンクのみ。

    「海外で養殖」された日本鰻を使用しているんだって。

    鰻の大きさで値段をつけているそうで、"梅"は鰻半身分,"竹"は鰻3/4尾分,"松"は丸々1尾分使用しているそうです。お腹の具合に合わせてサイズが選べますね。 

    決済方法を現金のみにすることや、メニュー数を絞ることで、効率的なオペレーションを実施。その結果、リーズナブルなお値段で鰻を楽しむことが出来るんだそう。ふむふむ、企業努力ですなぁ。

    入店前に気になっていた焼き方は「関東風」みたい。一度蒸してるってことですね。

    今回は「うな重 竹」をお願いし※焼きあがるまで20分程度待ち時間があるそうです

    はやる気持ちを緑茶で抑えながら、焼きあがるのを待ちましょう。

    待つこと15分ほど、やってきましたよ♪

    「うな重 竹」※2,200円(税込)/現金決済のみ

    まずはお吸い物から。

    車麩と三つ葉、ワカメのシンプルなお吸い物は、塩味が控えめでお出汁の香りを楽しめます。

    お腹を温めたところで、メインをオープン!

    豊中ベンチャー
    FUKUCHAN
     

    一覧を見る

    豊中ベンチャー

    TNNメンバー 自己紹介





     

    イベントスケジュール

    カテゴリー