• とよ婚

TNN豊中報道。2

  • とよ婚
  • 本町のレンタルスペース「pont3-8-4」に「Crêperie Hana Hana(クレープリーハナハナ)」が毎週水曜日に出店しているって/本町で長年愛されていた「花はな」の想いを受け継いだボリューム満点の「自称・映えないクレープ」を食べてきた

    ヤマグチ@TNN 2022年10月10日

    みなさんこんにちは、ヤマグチ@TNNです。

    突然ですが、少し前にちや@TNNがご紹介した「Pont3-8-4(ポントサンハチヨン)」の記事は読んでいただけたでしょうか?※2022年8月撮影

    1棟まるごとのレンタルスペースで、この日はオーナーの本田さんのお店「炊い処 ぽんたん(たいとこぽんたん)」でお食事をいただいていました。※火・土曜日出店中。

    その中に≪当スペース1Fにて毎週水曜日16時ごろから「Crêperie HanaHana(クレープリーハナハナ)」販売中≫という看板がありました。

    「クレープ」「ハナハナ」といえば、思い当たることが一つ。豊中駅近くのスクランブル交差点近くにあった「クレープ&お好み焼き 花はな」です。閉店の際は、TNNでもご紹介しました。※2021年5月撮影

    もしかしたら何か関係があるのか?と取材するべく、豊中駅にやってきました。

    豊中駅前一番街を直進し

    以前トルコライスをいただいた「Sugar Ray(シュガーレイ)」を越えてもまだまだ直進します。

    「麺やマルショウ」の前

    黒色のスタイリッシュな3階建ての建物が「Pont3-8-3」です。

    地図ではこちら

    看板が出ていますね。オリジナルクレープ……?

    どうやら生地や

    トッピング

    ホイップやフルーツを選んで、自分だけのクレープが作れるようです。

    では早速注文してみましょう。って約40分待ち!?ご夫婦2人でされている上に、フルオーダー制の為、どうしても時間がかかってしまうそうです。

    オーダーは紙で行います。

    看板の通り、沢山のトッピングが選べるな~と思っていたら

    フルーツの量まで選べるみたい。そりゃ時間もかかってしまいますね。

    今回私はイートインスペースで「マロンクレープ」

    テイクアウトで「定番チョコバナナ(プレーン生地+プレーンホイップ+自家製チョコソース+バナナ(量ふつう))」を選びました。

    マロンクレープは、Instagramでメニューを拝見した時に「絶対食べたい!」と思っていました。やはり人気なようで、私の次の方で売り切れていました。ギリギリセーフ!

    待ち時間は、渡されるレシートのQRコードで随時チェックできます。待ち時間が長い時は、先に注文し、一度家に帰るか、買い物などをする方が良さそうですね。

    イートインスペース3席。感染症対策もしっかりされています。

    店内では飲み物もいただけますので

    烏龍茶をお願いして、クレープが焼きあがるまで「花はな」との関係や、お店ができるまでのお話を聞きました。※烏龍茶 100円

    「Crêperie Hana Hana」を経営する古家(こいえ)さん夫婦は、5年ほど前に豊中に引っ越して来られました。※調理担当のご主人

    ご主人は甘い物、特にクレープが好きで「花はな」には良く通っていたそう。ある日いつも通り「花はな」に行くと、シャッターが閉まっており、このようなお知らせが貼られていました。※2021年5月

    実家のような親しみを持っていたお店が閉店し、ショックを受けたと同時に「もしクレープ店を始めたい!という方がいらっしゃいましたらご連絡ください」という一文を見て、ご家族とコンタクトをとったそうです。

    ですが跡地の賃貸契約は他の方に決まり、レシピは失われ、本当にイチからのスタートとなってしまいました。

    普段は理学療法士として働く古家さんは、飲食業は未経験。

    仕事の合間を縫って「美味しいの定義」を研究し、そこからクレープの黄金比といわれる配合を試しながら、一年かけてオリジナルの配合を見つけ出しました。

    「正直、味は全然違います。でも僕は、安くて、大きくて、子供もお小遣いを握りしめて買いに来ていた「花はな」さんと同じように、豊中でクレープ屋をやっていきたいと思っています」と話してくださいました。

    引き継いだのは想い。どのような人にも来て欲しいとの気持ちを込め、屋号をフランス語にし、今年7月からこの場所でお店を始められました。

    オーダーメイド制にしたのは、他のお店で食べながら「このクリームとこのフルーツを合わせたクレープが食べたい!」とご主人が常日頃思っていたことを形にしたそう。本当にクレープが好きなんですね。

    ご夫婦の熱い気持ちを聞いて、すごく嬉しい気分になったところで、マロンクレープができましたよ。

    「映えないでしょ(笑)」と古家さん。確かに最近流行のフルーツが沢山飾られたタイプとは少し違いますね。※マロンクレープ 550円

    ですが、ずっしりと重いクレープは絶品。マロンホイップ、自家製の甘さ控えめのカスタード、削った甘栗に、食べ進めると出てくる大きな甘露煮。

    なにより生地が本当に美味しい!モチモチの生地は粉の香りがふわっと香り、「クレープの主役は生地だ!」と主張しています。食べだすと止まらない味~。

    続いてテイクアウト分ができましたよ。

    イートインとテイクアウトを分けたのは、この素敵な容器に入れて欲しかったからなんです!

    ドリンクホルダーのような入れ物がずらりと並んでいる所はとっても可愛い!

    少しビターな自家製チョコソース、軽くて乳の味がしっかりするホイップ、甘いバナナ、定番ながらこのバランス感覚がお店の魅力のように思います。どこか懐かしい味で本当に美味でした。※「定番チョコバナナ(プレーン生地+プレーンホイップ+自家製チョコソース+バナナ(量ふつう))」 390円

    素材にもこだわっている「Crêperie Hana Hana」のクレープ。

    正直、原価率はかなり高いそうです。「もう一つ仕事があるから、お店をできている感じですね(笑)でも安心できるものを沢山食べていただきたいので、がんばります」とおっしゃっていました。

    他には自家製カスタードをたっぷり使った、クレームブリュレなども人気。※クリームブリュレ 400円

    古家さん

    「申し訳ありませんがお時間いただきますので、余裕をもってきていただければ嬉しいです。お店でお待ちしています!」

    大きくて美味しいクレープが食べたい方、あなただけのオーダーメイドクレープを見つけたいかたは行ってみてはいかがでしょうか。

    古家さん、本当にお忙しい中お話を聞かせていただき、ありがとうございました。

    青りんごさん、情報提供ありがとうございました。ご馳走様でした!

    店舗データ(2022年10月5日時点での情報です)
    お店の名前Crêperie Hana Hana(クレープリーハナハナ)
    住所本町3-8-4
    営業時間16:00-19:00(売り切れ次第終了)
    定休日月・火・木・金・土・日(毎週水曜日のみ営業)
    喫煙全席禁煙
    参考サイトInstagram

    ■■豊中情報の投稿はこちらから■■

    《お店開店閉店やおもしろスポットなど》

    ■■TNNへの調査依頼はこちらから■■

    《謎のお店や不思議な看板など》

    ■■豊中グルメの投稿はこちらから■■

    《オススメのお店や買い食いスポットなど》

    ■■PR・告知の投稿はこちらから■■

    《イベント紹介やメンバー募集の告知など》

    ■■TNNスポンサーのお問い合わせ■■

    《記事広告やバナー広告の掲出など》

    ワールドプラスジムs
     

    一覧を見る

    FUKUCHAN

    TNNメンバー 自己紹介


     

    豊中市民の回覧板

    カテゴリー