TNN豊中報道。2

 

待兼山町に「割烹cob」っていうお店ができてる/「しっかりしたお料理を楽しんでもらいたい×日常的に利用できるお店にしたい」を実現させたカジュアルな割烹料理店

徳ちゃん@TNN 2018年02月03日

待兼山町に「割烹cob」という割烹料理店ができていました。
IMG_5109

地図ではこちら

阪大石橋下交差点の近くにある、こちらの建物の1階です。
IMG_5112

お店の入口。
IMG_5113

お店の看板、スタイリッシュでかっこいい感じ。
IMG_5114

「cob」は「こぶ」ってことなのかな。
IMG_5115

入口脇にたたずむ、アイテムの数々。
IMG_5116

メニューの一部が紹介されていました。
IMG_5118

オーナーさんに許可をいただき、店内も撮影させていただきました。

入口すぐにあるカウンター席。
IMG_5119

左手の奥にはテーブル席があります。
IMG_5120

お店の奥から、入口方向を見た感じ。
IMG_5121

カウンターに置かれていた
IMG_5122

メニュー表を見せていただきました。
IMG_5128
※一枚板の表紙、見た目より重くなくサッと取れます

塩おでんメニュー。
IMG_5125

一品モノにごはんや甘味。
IMG_5126

そしてドリンクメニューと・・・
IMG_5127

「割烹」なので高級なイメージでしたけど、お値段はけっこうリーズナブル。

その辺りも含め、オーナーの山村さん(右/左は奥さま)にお話をお伺いしてみましたよ。
IMG_5131

ーお店の名前の「cob」って、あの”こぶ”ですか??
IMG_5114-1

山村さん
「私の名前にある”山”の字をマークにしてみたんですよ」
IMG_5115

以前は大阪市内の和食料理店でお仕事をされていたという山村さん。
IMG_5123
※これも”こぶ”のかたちになってますね

ご自分でお店を出すときには「しっかりしたお料理を提供したい」との想いから「割烹」というジャンルのお店にされたそうなんですが

山村さん
「でもカジュアルに、普段から使っていただけるお店にしたいと思っています」

リーズナブルなメニューだけでなく、店内に流れる軽快なジャズも、そういった山村さんの想いからなんだそう。
IMG_5111-1

ーオススメのメニューは?
IMG_5129

山村さん
「おでんですね、トマトモッツァレラ巾着など、創作のおでんを楽しんでいただきたいです」
IMG_5125-1

お店のオープンは2017年11月9日だったそうです(来るの遅くなっちゃってスミマセン)。
IMG_5130

山村さん
「ここは豊中の端なんですが、ぜひ一度お店に足を運んでみてください」

山村さん、奥さま、突然お伺いしたにも関わらず、とっても真摯にご対応くださいましてありがとうございました!

ちくわさん、情報提供ありがとうございました!

店舗データ(2018年2月3日時点での情報です)
お店の名前割烹cob
住所待兼山町21-5
営業時間17:00-23:30(最終入店22:00)
定休日毎週日曜日
喫煙全席喫煙可
■■豊中情報の投稿はこちらから■■
《お店開店閉店やおもしろスポットなど》
■■TNNへの調査依頼はこちらから■■
《謎のお店や不思議な看板など》
■■豊中グルメの投稿はこちらから■■
《オススメのお店や買い食いスポットなど》
■■PR・告知の投稿はこちらから■■
《イベント紹介やメンバー募集の告知など》
■■TNNスポンサーのお問い合わせ■■
《記事広告やバナー広告の掲出など》

 

一覧を見る

ネッツトヨタニューリー北大阪 地元応援サービス

TNNメンバー 自己紹介

CM劇場 名作選

豊中駅前プログラミング教室

 

豊中市民の回覧板

カテゴリー