TNN豊中報道。2

熊野町にある「アマゾンカムカム」を探検してきた/スーパーフルーツのドリンクやお菓子が買える!豊中をジャ○○ルと表現するぶっ飛んだ社長にもびっくり

きも@TNNきも@TNN 2017年08月29日

近くにあるのに入ったことのないお店やアヤシイ場所・・・そんなご近所にあるジャングルをTNNがご案内するストアツアーズ。

きも@TNNです。

熊野町の大阪王将の近く、八坂神社の鳥居横にある「アマゾンカムカム」さん…。
IMG_5904
地図ではこちらです。

ホント失礼なんですけど…、あのぉ…何て言うか、一度入ったら帰れなそうな雰囲気で(謎めいているので…)、すごく気になりながらも見ないようにしていました(ごめんなさいっ!)。
IMG_5915
そんななか、豊中まつりでTNNメンバーが「アマゾンカムカム」さんのブースに寄っていて、スタッフの方々は和やかだったと聞き、勇気を出して重い扉を開けたのでした(実際には軽いけど)。

このときはまだ、壮大なぶっ飛びトークが聞けるとは想像していなかったのですが…(笑)。

ココは店舗というよりは、商談オフィス&ショールームなのだそう。
IMG_5986

でも、明るい笑顔で迎えてくれて・・・
IMG_5999
※代表取締役の息子さんで係長の田中邦和さん。通常は女性スタッフが対応することが多いそう

「カムカム」という果実で作られた・・・
手のひらのカムカム
※写真提供:アマゾンカムカム

ドリンクなどの商品が売られていました(社名の由来は「アマゾンに来て、来て」ではないのね…笑)。
IMG_5929

カムカムにはレモンの60倍・アセロラの約2倍の天然ビタミンCに加えて、ポリフェノールも豊富に含まれているうえ、ORAC値(活性酸素吸収能力値)も非常に高いそうです。

「うちだと定価販売になるから、一般のお客さんには『箕面のジェットで買ったほうが安いよ』と言ってるんですよ」と、代表取締役の田中一夫さん(ええっ、ほかのお店をススメていいの!?…笑)。
IMG_5994

「まあ、ゆっくりして」と運んでくれたのは、もしかしてカムカムですか!?
IMG_5899

「もしかして、ですよ」と一夫さんはニヤリ、この商品で作ったドリンクだそうです。
IMG_5933

味は思ったよりも酸っぱくなくて飲みやすく、ほどよく甘みがあるのにすっきりとした後味でしたよ。

ひと口味わったその瞬間から、一夫さんのトークショーがはじまりました(面白かったから、つい私がいろいろと質問しちゃって…気がついたら約1時間半経っていました…笑)。

田中一夫さん
「ある植物を見たくて、夏休みを利用してペルーからアマゾンのジャングルに入ったんです、当時私は高校教員をしていまして」
アマゾン川 画像調整1
※アマゾン川(以下、アマゾンでの写真はすべてアマゾンカムカムより提供)

ええっ!? 高校の先生だったんだ(しかも教えていたのは情報通信、子どもの頃から植物に興味があったそうです)。

一夫さん
「そのときに、ペルーで農業の研究をしていた鈴木孝幸さんという方から『アマゾンにカムカムというスーパーフルーツがある』と教えてもらったんです!」

そして、カムカムの虜になった一夫さんは私財を投じて、努力の末にジュース化に成功。

歴代の商品が保管された棚から・・・
IMG_5979

一夫さんが商品化に力を注いだという、世界初のカムカムドリンク(左)を見せてくれました。
IMG_5919

2004年の「浜名湖花博」、05年の「愛・地球博」でカムカムの商品を販売したところ話題を集め、大手飲料メーカーから原料調達の依頼を受けるように。
IMG_5922
※写真・中央は、CMでも話題になった「午後の紅茶カムカムレモンティー」

一夫さん
「カムカム商品は売れたんですけど、現地の工場は小さいため、次第に日本の大手メーカーの要望には応えられなくなりました」

聞けばカムカムは水辺で育ち・・・
カムカム果実2

漁師が小舟でとりに行くということで、収穫も大変そう。
カムカムの自生調査
※漁師ではなく一夫さん(わかるって?)

ちなみに、現地の魚はこの実を好み、種だけを器用に吐き出すのですが、そのときに「カカカ、シャム、シャム」といった音が聞こえることから、「カムカム」という名前になったと伝わっているとか。

あとで一夫さんから送ってもらったメールには、こんな写真も添付されてました(笑)!
右手にカムカムの実を食べる魚肉と左手のカムカム
※カムカムの実を食べる魚の肉も試食したんだぁ…

また、カムカムはこんな不思議な花をつけるんだって。
カムカム 花と蕾001

一夫さん
「その後はリーマンショックの影響も受けて売上は一気に下がり、東京事務所をたたみ、地元・豊中のこの場所からやり直すことにしたんです。

それから10年、今はオリジナル商品とOEM商品の開発・卸し販売に力を注いでいます!」

オリジナル商品の「カムカムグミ」は「よしもと47シュフラン」という、全国の主婦が選び、よしもと芸人などが審査するランキングで・・・
IMG_6000

金賞を取ったそうですが、一夫さんは「生きた乳酸菌を入れたんですよ」と言いながらも、気持ちはペルー、アマゾンにいっている感じ(笑)。
IMG_5925

お店に来られた方は試食できるとのことで1粒いただくことに。
IMG_5941
※写真・右奥がカムカムグミ、左奥はカムカムキャンディです

酸っぱさと甘みのバランスがよく、噛みごたえもちょうどイイ、グミ好きには食べてもらいたい一品でした♪
IMG_5943

店内には、ほかにも同社のカムカム商品が並んでいました。
IMG_5928
こちらの棚にはサプリや・・・
IMG_5950

「カムカムパウダー」・・・
IMG_5954

へぇー、ポン酢もあるんだぁ(酢と相性がよさそう)。
IMG_5955

おおっ、コレも気になりますねぇ。
IMG_5960

そして、シャーベット♡
IMG_5957

コレは持ち帰ったのですが、フルーティーな酸味とシャリシャリ感がクセになりますよ〜。
IMG_6008

ところで、一夫さんはカムカムを世界中に広げた第一人者として、こんな本にも載っています(スゴイ!)。
アラマタ事典
※写真提供:アマゾンカムカム

なぜ、カムカムにこだわり続けるのでしょうか?

一夫さん
「カムカムは世界中の人を健康にし、貧困に苦しむ原産国の人々の暮らしを支えます。

大手商社が手を出さない難しいビジネスだけど、私は運命的な出会いを果たしたカムカムにこだわり続けたい」
カムカムと私
※「カムカムを扱うお店も募集中」と一夫さん

最後に豊中在住歴約40年の一夫さんに「豊中を選んだ理由は?」と聞いたら、「昔はこのあたりには畑と竹やぶしかなくて、『ここはジャングルやな!』と思ったんですよ」と。

えーーー!!!! 豊中をジャングルと表現する人にはじめて会った(笑)!!
IMG_5973
※アマゾンカムカムさんのショールームはよい意味でジャングルでしたが(笑)

好奇心が旺盛で行動力がある一夫さんのお話を聞いていたら、楽しく前向きな気持ちになりました。

これからも、豊中のオモロイ元気な社長さんに出会いたいな〜。

田中一夫さん、邦和さん、取材にご協力いただきまして、ありがとうございました!

店舗データ(2017年8月29日時点での情報です)
お店の名前アマゾンカムカム 大阪営業所(商談オフィス/ショールーム)
住所熊野町2-10-23
営業時間10:00-18:00
定休日毎週日曜、祝日



■■豊中情報の投稿はこちらから■■
《お店開店閉店やおもしろスポットなど》
■■TNNへの調査依頼はこちらから■■
《謎のお店や不思議な看板など》
■■豊中グルメの投稿はこちらから■■
《オススメのお店や買い食いスポットなど》
■■PR・告知の投稿はこちらから■■
《イベント紹介やメンバー募集の告知など》
■■TNNスポンサーのお問い合わせ■■
《記事広告やバナー広告の掲出など》
プログラボ

一覧を見る

TNNメンバー 自己紹介


 

豊中市民の回覧板

PVカウンター

  • 8232今日:
  • 13518昨日:
  • 33516924累計: