TNN豊中報道。2

庄内駅のすぐ近くに「五五屋」っていう芋けんぴと大学いものお店ができてる/新メニューの「琥珀芋(こはくいも)」試してみた

徳ちゃん@TNN 2022年03月07日

庄内東町に「五五屋」という芋けんぴと大学いものお店ができていましたよ。

地図ではこちら

庄内駅の東口すぐ近く

踏切の東側です。

「五五屋」と言えば・・・

2021年12月に、本町3丁目にオープンしたお店を

うだこ@TNNがレポートしていましたよね。

早くも2号店がオープンしたようですね。さっそくお店をのぞいてみたいと思います。

豊中本町のお店とは少し趣が異なる感じ。

大正レトロ的なイメージでしょうかね。

ショーケースを見てみると

うだこ@TNNがめっちゃ美味しそうに食べていた「芋けんぴ」と

「雪見大学芋」がスタンバイ。

お、これは新メニュー??

お店の責任者、中間(なかま)さんにお話を伺ってみると「デビューしたての新商品」だそう。

琥珀芋については後ほどご紹介するとして、先程からちょっと気になることが・・・

ーあのー中間さん、時計止まってるみたいですけど(汗)※お邪魔したのは14時すぎでした

中間さん

「あ、それは五五屋なので、5時5分にしているんですよ(笑)」

中間さん

「パッケージデザインに描かれている時刻も5時5分だったりするんです」

ーホンマや(汗)

中間さんによると「さつまいもは400年以上前からある歴史あるスイーツ」ということで「なくなっていくもの・なくらないもの」をブランドテーマに、大正ロマンのイメージを店舗やパッケージデザインに反映されたんだそうですよ。

ってことで、オーダーしてみましょうか。

食べてみたかった「ぬれ芋けんぴ」と、やっぱり気になる新メニュー「琥珀芋」をオーダー。

それぞれ600円(税込)と1,000円(税込)のサイズ※があるのですが、1,000円だとこちらの「マッチ箱」を模した大正ロマンデザインの化粧箱に入れてくれるみたい。※1,000円サイズは600円サイズの1.5倍量だそうです/好きなデザインを選ぶことができましたよ

オーダーして待つこと1~2分、はーいやってきました!※笑顔のステキなスタッフさん、ありがとうございます!

事務所に帰って、さつまいもスイーツタイム!

ちょうどYouTubeの動画撮影で訪れていた、ちや@TNNと一緒に食べてみたんですけど※ぬれ芋けんぴ 箱サイズ1,000円(税込)

「パリッポリッ」という食感と、しっとりした蜜がたまらん。かなり美味い(汗)!

ちや@TNN

「うわっ、これアリですよ!おいもの細さがイイですよね、すんごい美味しいです」

お次は「琥珀芋」。※琥珀芋 パックサイズ600円(税込)

ちや@TNN

「琥珀芋って、大学いもとどう違うんですか??」

よし、説明しよう!

ー大学いもは「カット→揚げる→蜜を絡める」で完成するんだけど、琥珀芋は「カット→蜜に漬け込む→揚げる→蜜に絡める」という工程なんだって

ちや@TNN

「なるほど、お芋の中まで蜜がたっぷりってことですね」

ちや@TNN

「うん、これ分かります、お芋の中に蜜が浸透してるの!美味しい」

ーホクホクいうより、中までしっとりしててめっちゃ美味いな、これも※断面に密を絡めて撮影しています

責任者の中間さん曰く「試行錯誤のすえ、4つの甘さをブレンドしている」そうで、表面的には甘すぎず、でも深い甘さを実現していました。

庄内店で実現した「ブランドイメージ」は、3月10日(木)以降豊中本町のお店にも反映されるそうなので「豊中店の方が近い」という人は、ぜひ足を運んでみてください。※近いうちに宝塚にも出店する計画があるそうですよ

中間さん、スタッフのみなさん、とっても親切に対応してくださってありがとうございました!

ぐりさん、かあさんさん、匿名希望さん、たかけんさん、情報提供ありがとうございました!

 

店舗データ(2022年3月7日時点での情報です)
お店の名前大学芋と芋けんぴ 五五屋 庄内店
住所豊中市庄内東町2-1-23
営業時間11:00-19:00
定休日なし

 

■■豊中情報の投稿はこちらから■■

《お店開店閉店やおもしろスポットなど》

■■TNNへの調査依頼はこちらから■■

《謎のお店や不思議な看板など》

■■豊中グルメの投稿はこちらから■■

《オススメのお店や買い食いスポットなど》

■■PR・告知の投稿はこちらから■■

《イベント紹介やメンバー募集の告知など》

■■TNNスポンサーのお問い合わせ■■

《記事広告やバナー広告の掲出など》

 

ワールドプラスジムs
 

一覧を見る

とよなかまちゼミ

TNNメンバー 自己紹介


 

豊中市民の回覧板

カテゴリー