TNN豊中報道。2

螢池東町に「WAN CAFE(ワン カフェ)」っていうスイーツとかき氷のカフェができてる/お母さまと娘さんと親子3代でオープンされためっちゃカワイイお店!素材にこだわった手作り梅シロップのフワフワかき氷を食べてきた

うだこ@TNN 2021年06月14日

螢池東町に「WAN CAFE(ワン カフェ)」っていうスイーツとかき氷のカフェができていました。

地図ではこちら

蛍池駅の西出口を出て、線路沿いを北へ。

信号のところで線路をくぐって

「麺屋 ほぃ」さんのところの信号を渡って

さらに線路沿いに少し北へ歩いたところにあります。

白壁と木の組み合わせがカワイイお店♪

本格オープンは6/15なんですが、今回プレオープン的な感じで、フライングでお邪魔させていただきました。

お店の中はこんな感じ。

壁側にテーブル席と

窓側にカウンター席。コロナ対策のため、少し席数を減らした状態でオープンされる予定だそうです。

メニューはこんな感じ。※価格はすべて税込です。

「スイーツ&かき氷のおみせ」ということなんですが、夏場はかき氷メインのメニューになるそう。

写真も見せていただきましたよ。

どれもカラフルでかわいくて、めっちゃおいしそう!!…なんですが、これはちょっとすぐには決められないです(汗)。

う~ん、好きなのはいちごや柑橘系なんですが、白玉入りの「抹茶みるく」も気になります…。

と、目に留まったのが「梅」(下から2番目)。

かき氷で「梅」って、あんまり見かけないですよね?

どんな感じなのかな~?と思ってると「正直、梅はめちゃくちゃおいしいですよ!私は大好きです(笑)」とおっしゃるので、そちらをオーダーしてみました!

せっかくなので、工程も見せていただきましたよ。氷はこちらの電動かき氷機で削るそうですが、めちゃデカいです!削る粗さも調整できるハイテクマシンなんですって。

氷をセットして電源を入れると…かき氷が出てきました!めっちゃフワフワです!

一旦軽く押さえて

さらに削って、を何度か繰り返すみたいです。

そして、かき氷にはこちらの2種類の梅シロップをかけてくださるんですが、どちらも和歌山県産で、右側が「青梅」、左側が「パープルクイーン」という品種だそう。

ちなみにこの「パープルクイーン」ですが、なんと和歌山でしか手に入らないため、わざわざ買いに行かれているんですって!漬けると自然とこんなきれいなピンク色のシロップができるそうですよ。

ということで、「梅」かき氷のSサイズ(税込700円)ができました~!

税理士法人岡本会計事務所
セルフエステ ミセル
 

一覧を見る

セルフエステ ミセル

TNNメンバー 自己紹介


 

豊中市民の回覧板

カテゴリー