TNN豊中報道。2

 
  • とよさんぽ “TNN初上陸”となる「○○△△町」から蛍池駅近くまで街ネタ探しながら歩いてみた【前編】

    徳ちゃん@TNN 2020年06月11日

    こんにちは、徳ちゃん@TNNです。

    いきなりですが・・・豊中スポットクイーーっズ(ぐっち、パクってゴメンね(笑))!

    さぁ、ここがどこだかわかりますか??

    新御堂筋??空港線?

    踏切が見える・・・ってことは阪急とぶつかる内環状線??

    もちろん豊中ですよ。

    と、いうことで、

     

     

    正解はこちら!

    TNN初上陸となる「石橋麻田町」でしたー(踏切は阪急箕面線です)。

    ご存じの方も多いと思うのですが、ここは池田市と箕面市に囲まれた「豊中市の飛び地」なんですよね。

    豊中市のホームページによると

    江戸時代、現在の蛍池を中心に広がっていた麻田村の住人がこの地に田畑を所有していたため、豊中市誕生のときに、市域から離れていたが豊中市に併合され現在に至る。

    そうですよ。

    ということで、今回の「とよさんぽ」は、石橋麻田町を起点とし”麻田つながり”で麻田藩の陣屋が置かれていたという蛍池駅西側辺りまでを歩いてみたいと思います。

    それではちょーっと巻き戻して、石橋阪大前駅@池田市から・・・

    レッツウォーキン!

    駅の東口を出て176号線の高架をくぐると、すぐに「石橋文化幼稚園」が見えてきます。

    この角を左へ曲がって、少し進むと

    はい、豊中市に突入!

    「もともと田畑だった」そうなので

    もしかしたら「まだそういった風景が残っているのかも?」と思ったりもしたんですが

    さすがに普通の住宅街ですね。

    少し歩いてみて思ったのは

    行き止まりが多いこと。

    そして、市の境界線に深めの溝が掘られていること

    ですかね。

    いずれも歴史的な背景に起因しているのかなぁと200年前に思いを馳せながら、歩くこと10分ほど。

    先程の公園に到着。

    ほんとにね、少し歩くだけで

    箕面だったり

    豊中だったり

    なかなか面白い町でしたよ。

    さて、ここからは石橋麻田町を離れ、蛍池駅を目指す行程に入ります。

    ルートはこんな感じですよ。

    まずは阪急箕面線の踏切を渡って、東側の道路へ。

    税理士法人岡本会計事務所

    一覧を見る

    ネッツトヨタニューリー北大阪 地元応援サービス

    TNNメンバー 自己紹介

    CM劇場 名作選

    豊中駅前プログラミング教室

     

    豊中市民の回覧板

    カテゴリー