• とよ婚
  • JPM

TNN豊中報道。2

  • とよ婚
  • 庄内WEST商店街内に「焼鳥ビアスタンド 伍介(ごすけ)」っていうお店ができている/十三で大人気だった立ち飲みスタンドの創業者が手掛けるお店で絶品の焼き鳥と箕面ビールを「立ち飲み」でいただいてきた

    アバター画像ヤマグチ@TNN 2023年07月28日

    庄内西町に「焼鳥ビアスタンド 伍介」というお店ができていました。

    地図ではこちら。

    庄内WEST商店街内にあります。

    こちらのお店、実は読者さんよりかなりの数の情報提供をいただいておりました。

    なんでも「MECCA(メッカ)」という十三の人気ビアスタンドの創業者の1人が、新しくお店を開いたんですって。※「MECCA(メッカ)」のFacebookはこちら

    移転ってことなんでしょうかね?でも、どうして庄内にお店を?

    色々疑問はありますが、さっそくお邪魔しま~す。

    店内はこんな感じ。カウンター席のみの立ち飲み屋さんで、10人ほどが入れるスペースになっています。

    一角に陣取り、メニューをチェック。串焼と一品料理はこんな感じ。

    「ビアスタンド」ですが、飲み物はビール以外もありましたよ。

    黒板にはオススメの品と、樽生の種類が書かれていました。

    今回は読者さんと、店主の貫名(ぬきな)さんにオススメしていただいていた「ポテサラ」「唐揚げ(ハーフサイズ)」そして「串焼きオススメ3本」をお願いしました。※店主の貫名さん/とってもお話上手な方です♪

    まずは「駆けつけ1杯」ということで

    箕面ビールの樽生の「おさるIPA」をお願いしました。※700円(税込)

    一口目からホップの華やかな香りがガツンと来ますね。のど越し爽快~。

    それに合わせるのは、「のり塩ポテトサラダ」※350円(税込)

    うわ、これ美味しい。具材を先に炒めているそうで、まろやかな味わいとのり塩の風味がたまらないですね。上に乗ったフライドオニオンも相まって、めっちゃクセになりそう♪

    続いて、カラアゲも届きましたよ。

    「スタウト赤みそカラアゲ」※スタウト赤みそカラアゲ 4個450円(税込)/写真はハーフサイズです

    めちゃくちゃジューシーなカラアゲです。赤味噌とビールで下味をつけてらっしゃるので、特有の風味がありますが、それがアクセントになっています。

    タルタルソースにも奈良漬が刻んで入ってるんだって(驚)!まさに酒好きの為の一品(笑)

    どちらも前のお店からのレシピだそうですが、ここで庄内にお店を開いた理由を伺いました。

    ――以前は十三で「MECCA」というお店を経営していたと、読者さんから伺いました。移転という形なんでしょうか?

    貫名さん

    「いえ、全く別のお店になりますね。「MECCA」は2人でお店を営業していたんですが、創業時から「10年以内にお互いに別々のお店を持とう」という約束をしていたんです」

    貫名さん

    「8年経ったこのタイミングで、庄内でお店を開くことにしました」

    ――どうして庄内でお店を開こうと?

    貫名さん

    「実は僕、3年間豊南市場にある「鳥富(とりとみ)」で働いていたんです。お店の鶏肉も「鳥富」から朝引きの新鮮なものを仕入れて使わせてもらっています」※豊南市場にある「鳥富」

    貫名さん

    「それに庄内は、外でお酒を飲む人が多いので、それも出店の決め手にもなりましたね。この下町っぽい感じもすごく好きですよ」

    といったところで、焼き物ができあがりました。

    まずは「肝(タレ)」から。生でも食べられる肝をさっと炙った1本はとろける触感。タレの味もめちゃくちゃ美味しい~!※1本200円(税込)

    「ヤゲン軟骨」は、他のお店なら2本分ぐらいありそうな、大ボリューム!炭火の香ばしさをまとったコリコリ触感の軟骨は、いつまでの噛んでいたいお味。※220円(税込)

    「ぼんじり」はプリプリで、身の旨味がしっかりと味わえました。※200円(税込)

     たまらずもう1杯。箕面ビールの「WEIZEN(ヴァイツェン)」です。※700円(税込)

    やさしい口当たりですね。苦味が控えめなので、ビールが苦手な人でも飲みやすそうなビールでした。

    ――樽生は「箕面ビール」ばっかりなんですかね?

    貫名さん

    「箕面ビールは味と価格のバランスが良いので、入れ続けようと思っています」

    他にも入口入って右手の冷蔵庫には

    沢山のクラフトビールが入っていますので、好みを伝えるとピッタリの一品をチョイスしていただけますよ。

    夜も更け、沢山の人でにぎわう店内で「クラフトビールを取り扱うお店も増えてきましたね~」という話をしていると、おもしろいイベントを計画していると教えていただきました。

    豊中市内のクラフトビールが飲めるお店で「豊中ぐるっとキャンペーン!」というスタンプラリーイベントを実施されるそうでイナキク酒店のInstagramより引用

    岡町の桜塚ショッピングセンター内にある「イナキク酒店」※2022年11月撮影/ナキク酒店の店主杤尾(とちお)さん(左)と奥さま

    さらに服部南町の「CRAFT BEER SPOT tane」※2022年11月撮影

    「伍介」の3店舗をハシゴ酒すると、次回使える割引がゲットできるというイベントなんだって。

    クラフトビール好きの人は、行ってみてはいかがでしょうか。※伍介は日曜日定休日なので、29日(土)のみの参加です/なごやんさん、情報提供ありがとうございました

    お客さんが入ってくる度に、みんなが少しづつ横に詰めていったり、差し入れのスイカをごちそうしてもらったりと

    立ち飲みだからこそ、人と人との距離が近いお店「伍介」。

    豊中恒例の「何中出身?」トークがさく裂したりと、とっても楽しいお店でした。※お店の名前の由来は、貫名さんと4人の息子さんに「介」という漢字がついている所から取って「伍介」なんだって

    持ち帰りもありますので

    お近くにお住いの人は、行ってみてはいかがでしょうか。

    貫名さん、スタッフさん、そして常連のお客さん、楽しい時間をありがとうございました!

    豊中市民のカリオストロさん、スカイコーポ外院さん、マツコさん、匿名希望さん、情報提供ありがとうございました!ごちそうさまでした~!

     

    • TNN情報提供
    • TNN調査依頼
    • TNN回覧板
    • TNNスポンサー
    • TNNフェイスブック
    • TNN Twitter
    • TNN インスタグラム

     

     

    一覧を見る

    FUKUCHAN

    TNNメンバー 自己紹介


     

    イベントスケジュール

    カテゴリー