TNN豊中報道。2

豊中南郵便局南側の穂積に「半田ファーム」っていうイチゴの直売所ができてる/3000株以上のイチゴの苗があるビニールハウスで「1パックもらえますか?」って言ったら・・・え、今から摘んでくれるの??

徳ちゃん@TNN 2022年01月15日

こんにちは、徳ちゃん@TNNです。

先日読者さんから、こんな情報をいただきましたよ。

いつも楽しく拝見させて頂いてます。

豊中南郵便局の1本裏に入った通りにイチゴの直売所というのができていました。

 

午前、午後に2.3時間づつ営業をされてるみたいです。(ホワイトボードに営業時間が書かれてました。日によって違うような感じでした)

 

気になっているので取材で行ってみて欲しいです!

元々畑があったように記憶していますが。大きいビニールハウスが2つ新しくできていました。

元からあったのかな??

BYまーぶるさん

「イチゴの直売所」が豊中市内に??

でも「豊中でイチゴの栽培」って聞いたことないから、どこかで栽培してるイチゴを持ってきて販売してるのかも??

さっそく現地に行ってみましたよ。

地図ではこの辺り

読者さんのおっしゃるとおり、豊中南郵便局の南側すぐのところにあります。

立っているノボリを見てみると

確かに「いちご直売所」って書いてありますね。

少し進んでいくと、奥にビニールハウスが・・・

まさかここで!??

近くでお仕事をされていた、半田ファームの半田さんにお話を伺ってみました。※撮影のためマスクをはずしてもらいました

ーあのー、入口に"いちご直売所"って書いてあったんですが

半田さん

「はいそうですよ、ここでイチゴを栽培して直売しているんです」

ーえー、豊中でイチゴを??

半田さん

「ハウスの中をご覧になられますか?」

ってことで、お邪魔させてもらったんですが・・・うわー、めっちゃ広いし暖かい!

そして何より甘ーい香りが・・・

これ、奥までぜーんぶイチゴ!

「ピッカピカやん!」と、イチゴを眺めていたら

「ひとつどうですか?」と半田さん。摘んでもらって10秒足らずのイチゴ、いただきます!

んー!みずみずしくてフレッシュな甘さ。かぶりつくと「シュァリッ」っていう果汁が弾けるような音がします(画像は自粛しますが)。

半田さんによると、こちらのビニールハウスを建てられたのは2021年6月とのこと。

もともとお米を作っていたそうなんですが、JAで知り合った方※から勧めてもらい、イチゴを栽培することを決意されたんだそう。※山口県でイチゴの新しい品種を作っていたスゴい人だそう

半田さん

「ハウス2棟で3400株の苗があるんですけど、高設栽培(こうせつさいばい)という方法で育てています」

パイプを通って、イチゴが育つために必要な養液が送られているそうなんですが

タイミングは、この機械がコントロールしているんだって。

またビニールハウスと言えでも夜は気温が下がるので、空調を入れているそうなんですけど

これまたハウス内に設置された温度センサーによって、自動で動いているんだそう。

その分スタッフさんは「機械にはできない仕事」に集中できるので、よりイチゴと向き合う時間を増やすことができちゃうワケですね。

いやーとってもスマートな栽培方法にビックリ。※受粉はミツバチたちに手伝ってもらっているそうです

と、関心しっぱなしだったんですが「直売所」なので1パック買ってみたいと思います。※お値段表

セルフエステ ミセル
しらすや
 

一覧を見る

しらすや
ダスキンの洗濯代行

TNNメンバー 自己紹介


 

豊中市民の回覧板

カテゴリー