TNN豊中報道。2

  • ネッツトヨタニューリー北大阪 ランドクルーザー
  • せんちゅうパルに「こどもとかぞくのくつ工房sprout(スプラウト)」がオープンしてる/子どもの成長に合わせた最適サイズの靴を提案&販売!体の土台である足の重要性を伝えて靴を正しく履く指導を行う活動をしているんだって!

    ぐり子@TNN 2021年11月22日

    新千里東町のせんちゅうパルに「こどもとかぞくのくつ工房 sprout」がオープンしていました。

    地図ではこちら

    一応、住所上では”せんちゅうパル2階”に当たるのですが

    LABI千里(ヤマダ電機)と道路を挟んで向かい側の地上1階にあります。

    パッと見、オシャレな紳士服屋さんのようなシックな外観ですが

    お店の外から窓を覗くと、めっちゃカワイイおもちゃが並んでいるじゃないですか。何屋さんか分かりづらいのですが

    ちょっと変わった靴屋さんなんですって!

    それでは中へ入ってみましょう!

    店内にはカラフルな靴がたくさん!

    あんまり見かけないデザインの靴が多いなぁと思っていたら、イタリアやドイツの靴を多く取り扱っているお店のようです。

    この靴なんてめちゃめちゃかわいくないですか?

    靴底がグラデーションですよ。ちびっ子靴だろうが足元からオシャレ追求(笑)

    とは言え、海外製品を多く取り揃えているというだけで、特に”変わった靴屋さん”という要素は無いように思うのですが・・・。

    実はこちらのお店、こどもの発育・発達に合わせた最適な靴選びの提案&販売するお店なんですって!

    こうやって子どもの足のフットプリントを取って、足の大きさだけでなく圧のかかり方、足の形状、土踏まずの高さ、足の可動域、骨盤や体幹のアライメントまでしっかり検証して、最適な靴を提案してくださるのだとか。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    Shoes&Toys-sprout(@sprout.shoes)がシェアした投稿

    幼い子どもの靴って3ヵ月ごとにサイズアップしていくので、ついインターネットでポチっと買ってしまいがちなんですけど、未完成な子どもの足こそ正しい靴を選ぶ事が重要なんですって。

    子ども靴のサイズなんて、なんとなく小さくなってきたら「1サイズアップ」程度にしか考えていなかった私ですが、適正サイズの見方も教えてくださいましたよ。

    まず中敷きを出して、かかとを合わせて子どもの足を乗せ、この3本ライン内につま先が収まればOKなんだとか。(真ん中ラインがベストサイズ)日本製の靴にもこのライン書いてほしい。

    そして、この2重マジックテープにも大きな意味が(驚)

    「折り返しマジックテープ」は、靴の中で足が不安定になるのを抑えてしっかり固定するんですって。そして2重になっているのは、足の甲の形に合わせてホールドするためなんだとか。

    ああ、便利だからと言って「片側始まり(折り返しじゃない)2本が一体化しているマジックテープ靴」ばっかり履かせていた事を今更後悔・・・(泣)

    こちらでは、そんな靴のアドバイスだけでなく、正しい靴の履き方を子どもに教えて下さるそうです(履くのは子どもですからね)※こちらのカワイイ椅子に座って靴の履き方指導をするそうですよ。

    さてさて、1足の靴のために手取り足取りフォローしてくださるお店を始められたキッカケなどを新井社長に聞いてみようと思います!※デザイナーさんのようなオーラが出ている新井社長です。

    アムパチーノ
    税理士法人岡本会計事務所
     

    一覧を見る

    セルフエステ ミセル
    ワールドプラスジムs

    TNNメンバー 自己紹介


     

    豊中市民の回覧板

    カテゴリー