TNN豊中報道。2

 
  • アートのような切絵作品からダンボール製のテレワークルーム、さらには「そもそも売る気がない!??」ぶっとんだノートや”紙を自在に操る”「ダンボール王子」まで登場(汗)/千里阪急1階のイベントスペースでやってる「PAPER Wonderland(ペーパーワンダーランド)」に行ってきた

    徳ちゃん@TNN 2021年04月10日

    こんにちは、徳ちゃん@TNNです。

    今回は千里阪急で「PAPER Wonderland」という、面白そうな企画を開催していると伺い

    千里阪急さんに許可をいただきまして、1階イベントスペースを見せてもらえることになりました。※「紙の良さを五感で感じていただける企画です」とアテンドしてくださった千里阪急の大川さん

    それでは、お邪魔しまーす。

    って、いきなりダンボール製の大きな恐竜がお出迎え(汗)。

    この少し立体的な恐竜も

    紙でできてるな(質感スゴい)。

    大川さん

    「その恐竜については、後ほど作った方をご紹介しますね」

    ってことで、最初にやってきたのは「こえだ社」のブース。

    うっわー、これ・・・

    細かーく切り抜かれてる(汗)。

    切絵の実演をされていたスタッフさんに伺ったところ

    機械で切り抜けるものは機械でやっているそうですが、細かい部分はすべて手作業で切り抜いているんだそう。

    これはもうアートの世界ですね(汗)。

    窓からこぼれる明かりが楽しめる紙製のランタンも販売されていましたよ。

    続いては「エモジ」のブース。

    こちらでは「小さなもの」から「通常サイズのもの」まで、オリジナルノートが作れちゃうみたい。

    布製の表紙と中紙だけでなく

    リングまで好きなものが選べるんだって。

    「エモジ」の早馬(はやま)さんに伺ったところ

    自分用だけでなく、ギフトとして購入される人も多いんだそう。

    中が封筒になってる「変わり種」ノートも作れちゃうみたい(汗)。※紙版のクリアファイルシートですね

    ノート以外にも、便箋や封筒※30年以上前にイタリアで発行された雑誌を材料にした封筒

    メッセージカードなど、紙雑貨が揃っていましたよ。

    さて、こちらは

    矢野紙器のブース・・・

    大川さん

    「あ、こちらからは、先程の恐竜の作者でもある”ダンボール王子”の島津さんに案内してもらいますね」

    島津さん

    「ダンボール王子の島津です、よろしくお願いします!」※撮影のためマスクを一時的に外してもらいました

    ー(ダンボール・・・王子!??マジか!)よ、よろしくお願いします(汗)

    聞けば王子、矢野紙器という会社と組んで、さまざまな紙製品を作り上げるプロなんだとか。

    島津さん

    「こちらは紙製のアロマディフューザーです」

    島津さん

    「考案された方からご相談を受けて製品をつくりました」

    ーこのスマートボールは??

    島津さん

    「これは私がアイデアから制作まで担当しました、子どもたちが自由にボードを作れるようになっています」

    島津さん

    「ゴム銃も子どもたちに人気です」※モデルガンみたいな展示(汗)

    ーこれはさっきの恐竜がかぶってた兜ですね

    島津さん

    「鎧も手裏剣も・・・」

    島津さん

    「マネキンも私が作りました(笑)」

    まぁまぁこの辺は”王子”って言っちゃうぐらいなのでわかるんですが・・・

    ーこれってなんですか??

    島津さん

    「10秒で組み立てられるテレワークルームです」

    え??これ、紙(汗)??

    こちらの会社さんから「ダンボールで作れないか」とご相談がありまして

    ーつくっちゃいましたか(汗)

    島津さん

    「別売ですが、イスもありますよ」

    一覧を見る

    TNNメンバー 自己紹介


     

    豊中市民の回覧板

    カテゴリー