TNN豊中報道。2

岡町駅近くにある「Rejoice(リジョイス)」でランチを食べてきた!/完全予約制・野菜たっぷり至福のプチコース。ヒミツの古民家で物語の1ページを【TNNクーポン有】♪

ちや@TNN 2019年09月15日

読者の皆様、おはこんばんちは~!

宝塚歌劇と豊中グルメをこよなく愛するちや@TNNでございます~!

今回お邪魔しますのは。。。外観はまだナイショ!「Rejoice(リジョイス)」さんというお店です~!

豊中歴10年以上の読者様から、”ぜひ体験していただきたい”と情報をいただいて、やって参りました。

先に地図をお見せしておきましょう!ふむふむ「阪急岡町駅」からさほど遠くなさそうですね。ですが「初めて行く方はほとんど迷われる」そうで。。。

かくいうワタクシも、もうお店近くのハズなんですよね~。。。原田神社近くを通って、「ニコニコキッチン豊中中央店」さんのところを右に曲がって。。。

もう何を目印にと申し上げられないくらいの住宅街でございます。。。(汗)ん?(よく見ると)

エッ?!まさか。油断していると絶対見逃してしまう!小さな看板を右に曲がると。。。

到着~!はい、こちらが今回お邪魔します、「Rejoice(リジョイス)」さん。。。?

(間違いなさそうで)~す!

一見お店とは思えない、緑に囲まれた古民家。魔法使いでも住んでいるかしら?

早速お邪魔してみましょう~♪

こんにちは~!

こちら玄関。靴を脱いであがるようです。

ただいま~!

初めて来たとは思えないような感覚。。。これぞ古民家の温かさ、ですね♪

うわぁ~素敵!こちらのお席で食事がいただけるようです。

窓からみえる景色は~。。

♪~(ただ、感じてください)

さぁ、席についたらしばし現実の時を止めて、子供の頃に夢描いた思い出の庭をみながらのランチタイムといたしましょう。

「至福のランチ」は日替わりのプチコース仕立て。

前菜・パン・スープからいただきます~!

「大根の竜田揚げ」、

「カボチャの豆乳スープ」、

こちら、味は牛タン、見た目はホタテ?な「エリンギのネギ塩だれ」。

どれもこれも美味しい~!

週に1度、パン職人が焼きに来られているという「手作りパン」。

もちジュワ~!タマゴを使わず、発酵バターを中にとじ込めた、このお店でだけ味わえる特別なパン。買って帰られるファンの方も多いんですって。

さぁ、メインプレートが来ましたよ~!

大きなお皿にたくさんいろいろ。それぞれ何か、当てられますか~?

「厚揚げと舞茸のラー油和え」、

「キャベツとしその梅和え」、

「アラメとバターナッツカボチャのごま煮」、

「ビーツドレッシングのサラダ」、

玄米と、

具だくさん味噌汁。

一番の難問はメインの揚げ物。

「高野豆腐と車麩のカツ ごまみそダレ」ですって!

お味の美味しさに加えて、お肉とお魚以外でメイン料理たる、そのアイデアにも感動します。

そうとは気が付かずに、”お腹いっぱい大満足♪”で食事を終えましたが。。。

実はこちらのランチ、「ベジタリアンメニュー」だったのです。

オーナー・真鈴(まりん)さん。調理師学校卒業後、長らく和食創作料理のお店などで腕を振るわれていました。自身がベジタリアンになったのはおよそ20年前。

真鈴さん

「美と健康を勉強する中で次第に目覚めていった感じでしょうか。ただ、お客さまに何かを強制するような気持ちは一切ありません。食事は美味しく食べることが一番ですもんね。」

コースは季節の果物もついて、1600円。

カフェメニューはこんな感じ!ランチに追加すると100円オフに。

真鈴さん

「20年近く前はベジタリアン向けのお店があまりなくて。友人を招いて家で料理をふるまうようになりました。そうしたら友達の友達へ広がって、”そんなんなら自分のお店しちゃえば?”って。」ルイボスティーをお願いしました

真鈴さん

「そうして、南茨木でお店を開いたのが最初。やってみるとバタバタと忙しく、作業みたいになってしまった。誰が来て、どんな感じで食べてくれているかもわからない。それがイヤで、こじんまりと、ゆったりくつろいでもらえるようなお店がしたいと、こちらに移って14年目になりました。」

”探していた”という古民家。こちらは築100年以上。以前お住まいだった方が、島に移住されるグッドタイミングだったそう。

「菜食カフェ」の他に、ワークショップなどに貸し出されているレンタルスペースの一面もあるそうで、少しおうちを探検してみることに。

ダスキン夏の汚れすっきりきれい
 

一覧を見る

BilingKids内覧会開催

TNNメンバー 自己紹介


 

豊中市民の回覧板

カテゴリー