TNN豊中報道。2

  • センバツ高校野球大会2回戦で履正社高校は北海道の駒大苫小牧高校と対戦!ラストは劇的な幕切れに・・・

    徳ちゃん@TNN 2014年03月27日

    センバツ高校野球大会6日目、第3試合で履正社高校が北海道の駒大苫小牧高校と対戦しました。
    renmei
    公益財団法人日本高等学校野球連盟HPより転載

    ▷1回表、駒大苫小牧高校の攻撃。

    ヒットと送りバントでランナーを二塁に進め、4番若松くんがタイムリー2ベースヒットを放ち1点を先制。

    【駒大苫小牧1-0履正社】

    ▶1回裏、履正社高校の攻撃。

    2アウトながらエラーとフォアボールで満塁のチャンスを作り、6番八田くんが2点タイムリーヒット。履正社高校が逆転に成功。

    【駒大苫小牧1-2履正社】

    ▷3回表、駒大苫小牧の攻撃。

    デッドボールと内野安打で作ったチャンスから4連続タイムリーで大量5点を奪う。

    【駒大苫小牧6-2履正社】

    ▶6回裏、履正社高校の攻撃。

    フォアボールとヒットから1アウト2・3塁のチャンスを作り、4番中山くんの犠牲フライで1点を返す。続く西村くんと八田くんもタイムリーヒットを放ちこの回で3点を返す。

    【駒大苫小牧6-5履正社】

    ▶9回裏、履正社高校の攻撃。

    6番八田くんがエラーで出塁し同点のランナーが1塁に。続く絹田くんは送りバントを転がし、ピッチャーのミスを誘って自身も1塁に到達。ノーアウト1・2塁のビッグチャンス!

    ここで8番立石くんがレフト線をやぶるタイムリー2ベースヒット!同点に追いつくと、1アウト満塁となって2番辻くんが大きな飛球をレフトへ打ち上げる。これが犠牲フライとなり、ランナーが生還!履正社が土壇場で逆転サヨナラ勝ち!

    【駒大苫小牧6-7×履正社】

    よっしゃあ履正社、センバツ高校野球ベスト8進出!おめでとうございます。

    1回戦で好投した2年生ピッチャー溝田くんが打ち込まれた時には「大ピンチやなぁ」と思ったんですが、マウンドを引き継いだピッチャー永谷くんがランナーを出しながらも要所を抑えてナイスリリーフ!

    打っては最後まで諦めないナインの姿勢が最後の逆転劇を作ってくれたんではないでしょうか。

    駒大苫小牧高校も最後の最後まで全力でプレーしている気持ちが伝わってきました。本当にお疲れさまでした。

    3回戦は福知山成美高校(京都)と対戦します。

    ガンバレ履正社!

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    ◆参考サイト
    公益財団法人日本高等学校野球連盟

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    ■■豊中情報の投稿はこちらから■■ 

    一覧を見る

    BilingKids内覧会開催

    TNNメンバー 自己紹介


     

    豊中市民の回覧板

    カテゴリー