TNN豊中報道。2

  • ネッツトヨタニューリー北大阪
  • せんちゅうパル地下1階に「だし福」っていうだし茶漬けとにゅうめんのお店ができてる/前身の「だし蔵」立ち上げを担った社員さんが「このお店を残したい!」という想いで独立し引き継いだお店

    徳ちゃん@TNN 2021年10月26日

    せんちゅうパル地下1階に「だし福」という、だし茶漬けとにゅうめんのお店ができていました。※北大阪急行千里中央駅の中央南改札口近くです

    「あれ、ここって前からなかったけ??」と思われた人も多いかと思いますが、以前あったお店「だし蔵」が9月末で閉店して※以前あった「だし蔵」

    新たに「だし福」としてオープンしたようです。

    店内は「物販コーナー」と「飲食コーナー」に分かれています。※物販コーナー

    並んでいる商品は「おだし」関連の商品を中心に

    「うどん」とセットになっているものや

    だし茶漬けのお供

    さらに赤ちゃん向けの「おだし」も(汗)。

    店主の福本さんにお話を伺ってみましたよ。

    ー以前あった「だし蔵」は閉店と伺っていたのですが

    福本さん

    「コロナの影響が大きく『だし蔵』を運営していた太鼓亭が閉店を決めたのですが、私が独立してお店を引き継ぐことになったんです」

    ー社員さんから独立して??

    福本さん

    「定年が近いこともあったのですが、関西のだし文化をお店を通じてお伝えしていきたい、お店を残したいと考え『譲ってもらえるならお店を続けたい』と会社(太鼓亭)に要望したところ、快く引き継がせてもらえることになったんです」※前身の「だし蔵」では立ち上げの中心的な役割を担ったそう

    福本さん

    「物販の商品は半分くらい入れ替わりましたが、今でも太鼓亭の商品は置いてるんですよ」※会社と良い関係だったからこそ実現しているんですね

    にしても、独立を決意しちゃうほど「関西おだし」への並々ならぬ想いをお持ちの福本さん、聞けば大阪府が表彰している「なにわの名工」にも選ばれるほど、鰹節の製造・加工に精通されているんだとか。

    そんな福本さんが提供してくれる「おだし」、せっかくなので味わってみましょう。

     

    一覧を見る

    ワールドプラスジムs
    セルフエステ ミセル

    TNNメンバー 自己紹介


     

    豊中市民の回覧板

    カテゴリー