• とよ婚
  • JPM

TNN豊中報道。2

  • とよ婚
  • 服部にある「うめ小町」でランチを食べてきた!/長崎・五島出身のばぁばが作る、きまぐれメニュー♪

    アバター画像ちや@TNN 2020年02月24日

    大きなお皿に盛り盛り~!

    色とりどりで具沢山~!

    「あるときは」と、サービスしてくださいました、フルーツのデザートも”ばぁばのきまぐれ”。

    豚肉、イカ、エビ、じゃこ天、ちくわ、タケノコ、しいたけ、にんじん、キャベツ、もやし、ネギ、トマト、きくらげ、かまぼこ。14種類もたっぷり入ってます!!

    なんだか懐かしさを感じる、温かい味~。。。

    昔から皿うどんには”お酢”だったワタクシ。ばぁば曰く、それは”関西風”だそうで。

    う~んコレコレー!さっぱりして美味しいんですよね~。

    長崎五島では”ウスターソース”が一般的だそう。残り少なくなってしまいましたが、チャレンジしてみよう~♪

    コクが出て、味が濃くなる~!これもまた、美味しい!

    USEN(有線)から流れるBGMは「昭和のうた」。ばぁばは、ランチタイムだけの店長さんです。

    ばぁば

    「長崎・五島の生まれ。大阪に出てきて、服部に55年住んでいます。皿うどんは五島では盆や正月、外に食べに行く贅沢料理。五島を出てもずっと懐かしく、我流のものを作ってふるまってきました。」

    ばぁば

    「五島の皿うどん工場から、あごだしを仕入れて、”きまぐれ”の味加減で作ります。九州出身の方は懐かしく感じられるかもしれません。」

    大きなお鍋に15、6人分!これを毎日仕込んでいるそう。

    「うめ小町」さん、夜のメニューはこんな感じで、

    お酒などを飲みながら、

    カウンターに並べられるおそうざいをつまむのも最高。さらに。。。「うめ小町」さんのInstagramより転載

    オーナーさんのご実家で、新潟では知らぬ者はいないという、江戸時代から続く鮭料理の老舗店「千年鮭 きっかわ」さんから直送されるお料理は、

    この辺りではなかなかお目にかかれません(鼻息)。

    オーナーさん

    「お店は今年で9年目。ランチタイムの店長は、もともと斜め前に住んでいた近所の奥様。30年来の付き合いで、うちの子供たちの”ばぁば”だったんです。夜と昼ではお客様がちがっていて、お昼はばぁばのお客様がいっぱい。ばぁばの皿うどんは私も毎日食べています。ばぁばが元気なうちは、ずっと頑張ってもらいたいですね。」

    こんなに具沢山、愛情もたっぷり入ってそう♡そして、気を遣わずにお話できるのがまた良いですねぇ~!土日も営業されています。皆様もぜひ、ばぁばに会いに行ってください♪

    ご馳走様でした~!

    店舗データ(2020年2月17日時点での情報です)
    お店の名前旬楽彩 うめ小町
    住所服部西町1-3-3
    営業時間(昼)11:00-14:00(夜)17:00-23:00
    定休日(昼)毎週金曜日(夜)毎週木曜日
    喫煙全席喫煙可

     

    ■■豊中情報の投稿はこちらから■■

    《お店開店閉店やおもしろスポットなど》

    ■■TNNへの調査依頼はこちらから■■

    《謎のお店や不思議な看板など》

    ■■豊中グルメの投稿はこちらから■■

    《オススメのお店や買い食いスポットなど》

    ■■PR・告知の投稿はこちらから■■

    《イベント紹介やメンバー募集の告知など》

    ■■TNNスポンサーのお問い合わせ■■

    《記事広告やバナー広告の掲出など》

     

    一覧を見る

    FUKUCHANリユスタ
    豊中ベンチャー

    TNNメンバー 自己紹介


     

    イベントスケジュール

    カテゴリー