TNN豊中報道。2

  • 豊中コンビニウォーズ2014初秋

    徳ちゃん@TNN徳ちゃん@TNN 2014年09月03日

    TNNでは毎月どこかしらのコンビニのオープンや閉店をお知らせしていますよね。

    そこで2014年9月初旬時点で、豊中市におけるコンビニ勢力図をグラフで作ってみました。

    graf
    ※TNN調べ

    1位:ローソン(36店舗/占有率約31%)
    IMG_1830

    ご存知、国内第1号店を桜塚にオープンしたローソンが豊中市の最大勢力コンビニです。

    幹線道路沿い、駅前、住宅街、どこにでもあるイメージです。

    また「ローソンストア100」や「ローソン+ドラッグミック」など、いろんな形態のお店がありますね。

    ホームタウンでは負けられないってところでしょうか。

    2位:ファミリーマート(32店舗/占有率約27%)
    P1014926

    2番手はファミリーマートでした。

    店舗数からして、ローソンと共に豊中市内2強を形成していますね。

    こちらは駅前や住宅街に多いイメージでしょうか。

    3位:セブンイレブン(24店舗/占有率約20%)
    IMG_0697

    店舗数こそ2強に水をあけられていますが、勢いならセブンイレブンではないでしょうか。

    TNNでもよくオープンの記事を書いていたように思います。

    関西では後発だけあって、駅前にはあまりないイメージ(豊中駅周辺はなし/千里中央駅周辺は1件のみ)ですが、幹線道路沿いや住宅街で出店を増やしていってる感じです。

    4位:サークルKサンクス(20店舗/占有率約17%)
    画像2

    名神豊中インターと阪神高速池田線が交わる付近で4店舗を集中して出店してるサークルKサンクス。

    曽根駅や少路駅といった駅近エリアでも、2店舗が集中するようにお店があったりします。

    最近「チビ太のおでん」食べてへんなぁ。

    5位:ミニストップ(4店舗/占有率約3%)
    IMG_2381

    イートインコーナーがあるコンビニといえばミニストップですね。

    店舗数こそ少ないですけど、イートインという特長を活かしたメニューが人気を集めています。

    とまぁ、主要コンビニだけですが、ざっとまとめてみました。

    続々と新しいサービスを打ち出してくれるコンビニは、日常生活においてとってもありがたい存在ですが、一方で飽和状態に陥っているエリアがあるのも事実。

    来年の今頃はどうなっているのか、また調べてみたいと思います。

    ■■豊中情報の投稿はこちらから■■   

    一覧を見る

    TNNメンバー 自己紹介


     

    PVカウンター

    • 1251今日:
    • 15637昨日:
    • 30973980累計:

    Facebook