TNN豊中報道。2

  • 三幸住研 LCCM住宅
  • 2014年6月の豊中市は観測史上もっとも雨の少ない6月だったみたい

    徳ちゃん@TNN 2014年07月04日

    2014年6月の豊中市は、観測史上もっとも雨が少ない6月だったみたいです。
    IMG_1549
    ※6月20日頃の蛍池駅 この日も曇ってはいたけれど・・・

    ニュースサイトでも取り上げられていました。


    6月の近畿地方の降水量が平年の39%にとどまり、1946年の統計開始以来、最も少なかったことが気象庁のまとめでわかった。6月4日に梅雨入りしたものの、梅雨前線が北上せず、少雨になった。農作物への影響を懸念する声が出始めているが、7月は梅雨らしくなると予想されている。

     6月の降水量は、大阪府豊中市で平年の20%、大津市21%、神戸市26%、奈良県吉野町28%、京都市29%などと軒並み少なかった。

    -中略-

     同気象台の予報では、近畿は3日から天気が崩れる見込み。梅雨前線は徐々に北上し、7月の降水量は平年並みか多いとしている。


    YOMIURI ONLINEより転載

    気象庁が発表している過去の気象データを見てみると、確かに2014年6月の豊中市の降水量は36.5mmで、6月の降水量としては過去最低。

    ちなみに2位が2005年6月の65mmですから、2014年6月がダントツで「雨の降らない6月」だったんですね。

    確かに雨の日が少ない感じはしてましたが、歴代最低記録とは驚きでした。

    渇水にならなければいいんですけどね。

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    ◆参考サイト
    YOMIURI ONLINE
    気象庁 過去のデータ検索

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    ■■豊中情報の投稿はこちらから■■   

    セルフエステ ミセル
     

    一覧を見る

    ゴリラベイク
    ダスキンの洗濯代行

    TNNメンバー 自己紹介


     

    豊中市民の回覧板

    カテゴリー