TNN豊中報道。2

  • 北桜塚のくらしかんで月1回開催中の「地産地消イベント」を探検してきた/朝採れ豊中野菜にこんな美味&あんな豊中特産品も勢揃い!

    徳ちゃん@TNN徳ちゃん@TNN2016年12月18日

    地産地消のおいしい野菜が大好き、きも@TNNです。

    豊中市役所・益住さんの持ち込み企画、「豊中野菜の直売所&農園めぐり」。

    これまで東泉丘の農園ささべさん北条町の光久農園さん東豊中町の中尾さんの農園とお届けしました。

    益住さんから「たまには趣向を変えるのはどうでしょう?」という提案をいただき、今回は北桜塚にある豊中市立生活情報センターくらしかんにGO!
    IMG_2405

    地図ではこちらです。

    うかがったのは12月14日(水)・・・、豊中野菜に詳しい方はお気づきかと思います。

    毎月第2水曜、10〜12時に開催されている「地産地消イベント」にお邪魔したのです!
    IMG_2349

    9時半に到着すると、くらしかんに入ってすぐの1階・生活情報ひろばのテーブルには野菜がどんどん並べられていき、待っているお客さんも増えていきます。

    お客さんはまずは受付で来た順を示すフダを受け取り、10時スタート直前にはひろば前に並んで順番に入場。

    では、豊中市内の農家さんをはじめ、NPO法人や福祉関係の団体などによる出店の商品を見ていきましょう。

    あっ、豊中野菜、スゴく安いですね(驚)!!
    IMG_2357

    この白菜、めっちゃデカい!
    IMG_2358

    光久農園さんの大阪エコ農産物もあるんだぁー!
    IMG_2354
    ニンジンを見て思わず「キレイ!」と発したら・・・
    IMG_2370

    おじさんが「朝採ったばかりだからね」と。
    IMG_2355

    会話しながら買い物ができるのもイイね。

    大根にもいろんなカタチが、お子さんの食育にもよさそうです。
    IMG_2372

    よく見ると、コチラは箕面産。
    IMG_2360

    こっちは豊能町のその名も“うまい菜”。
    IMG_2377

    豊能町のアンデスレッドというジャガイモや・・・
    IMG_2378

    栄養価の高いヤーコン・・・
    IMG_2398

    白菜もあり、豊中野菜とはまた違ったラインナップでした〜。
    IMG_2365

    なんと、兵庫県篠山市から参加している農園の方の姿も。
    IMG_2351

    大納言小豆や黒大豆は、丹波篠山ならではです。
    IMG_2374

    えっ、愛媛のみかんに甲賀のほうじ茶!?
    IMG_2362

    和歌山や香川産を扱っている店もあるんだぁ(思ったよりも産地の幅が広っ)。
    IMG_2393

    柿の隣には味噌漬が。
    IMG_2375

    漬物と言えば、手作りの浅漬けも売られていましたよ。
    IMG_2399

    玄米餅を見て、野菜だけじゃないんだなぁーと思ったワタシが甘かった…。
    IMG_2353

    厚揚げや豆乳ドーナツもーー(おいしそう!)。
    IMG_2380

    そして、生活情報ひろばの外には人だかりが!
    IMG_2383

    何、何?と野次馬根性で覗き込むと、パンだぁ♡
    IMG_2386

    定番の菓子パン、調理パンから・・・
    IMG_2390

    マフィン♪
    IMG_2392

    何だか気になるチョコ系のパンまで揃う、福祉関係の団体さんのブースでした。
    IMG_2385

    その隣には、豊竹炭だって(激安)!
    IMG_2387

    熱心に聞いているお客さんが多くいましたよ。
    IMG_2389

    市民に食の安心・安全を提供するために、豊中市が主催しているこの「地産地消イベント」。

    運営を担当している、とよなか消費者協会の谷口さんにお話をうかがいました。
    IMG_2401

    ー豊中野菜を中心に、いろんなモノが売られているんですね。

    谷口さん
    「出荷が限られる時期は特に、農家さんがあちこちから商品を集めてきてくれるのよ。

    くらしかんでのこのイベントは今年で10年を超え、知名度も上がってきました。

    年々協力していただける団体が増えている状況で、今後も新たな出店が予定されていますよ」

    ーそれは楽しみです。ところで、販売している方々は農家さんですか?
    IMG_2397

    谷口さん
    「農家さんもいますが、ほとんどはボランティアね。

    あっ、購入は市民の方優先ですよ、ボランティアは残りモノだけを買っています(笑)」。

    次に、記事の立案者である益住さんが親しげに話している豊中の若手農家・光久さんにも、声をかけてみました。
    IMG_2367
    ※左が農家の光久さん、右がお馴染み(?)豊中市役所の益住さん

    ー農家さんにとって、ココはどんな場所ですか?

    光久さん
    「お客様と直接コミュニケーションを取ることで、求められる商品とはどんなモノなのかを知ることができます。

    思いもしなかった食べ方を教えてくれるお客様や、苗を分けてくれて栽培方法を教えてくれる農家の先輩との出会いもあり、発見の多い場です」

    市民にとっても農家の方にとってもメリットがあるイベントなんですねー。

    毎回売り切れたら終了だけど、10時ちょっと前に着けば買えるはず(取材時はお客さんがいつもより少なめとのことでしたが、11時を回っても多少は残っていましたよ)。

    ボランティアの方々が「新鮮だから持ちが違う!」と絶賛する豊中野菜、ワタシも購入して食べたのですが、大根がみずみずしくておいしかったです。

    笑顔で取材にご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました!

    イベントデータ(2016年12月18日時点での情報です)
    イベント名 地産地消イベント
    開催場所 豊中市立生活情報センターくらしかん
    住所:北桜塚2-2-1
    開催日時 毎月第2水曜 10:00-12:00
    ■■豊中情報の投稿はこちらから■■
    《お店開店閉店やおもしろスポットなど》
    ■■TNNへの調査依頼はこちらから■■
    《謎のお店や不思議な看板など》
    ■■豊中グルメの投稿はこちらから■■
    《オススメのお店や買い食いスポットなど》
    ■■PR・告知の投稿はこちらから■■
    《イベント紹介やメンバー募集の告知など》
    ■■TNNスポンサーのお問い合わせ■■
    《記事広告やバナー広告の掲出など》

    一覧を見る

    TNNメンバー 自己紹介

    TNNメンバー自己紹介

     

    PVカウンター

    • 1502今日:
    • 16468昨日:
    • 30141892累計:

    Facebook